FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院中 
2008.12.20.Sat / 12:31 


ただいま入院中につきPCさわれません。
携帯から書きます。
昨日の話を。

↓ブログランキングに参加してます(*'-')ノ

FC2 Blog Ranking

人気blogランキング


1号が熱でてて、夜中に咳込んで吐いたりしていた。

一週間保育所を休んで家にいたけど、体力はあるのにやっぱり喘息がでていてしんどいのと、外に出れないイライラで毎日暴れまわっていた。



金曜日になり、1号の熱は下がっていたけど今度は2号の熱が出ていた。

喘息の出ている1号は、金曜日にもう一度連れてこいと医者に言われていたので2人とも診察してもらった。

検査はしてないけどRSという風邪っぽい。

38度くらいの熱と、咳が続く風邪。
1号のクラスで流行っているらしく、クリスマス会は半分近く休んでいた。
1号も休んだ。




金曜日、医者にいった後、1号も2号も元気だった。



夕方から、わたしの両親は親戚の忘年会で家にいなかった。



昼寝をしなかった1号が眠いだろうと、子供たちを寝かせにふとんに入った。


夕方昼寝をしたにも関わらず、2号がすぐ寝た。
しばらくして1号も寝た。

めずらしく20時前には2人とも寝ていた。



晩御飯の片付けがまだだと、部屋を出ていこうとすると2号が泣く。

眠りは浅いらしく、何度も何度も起きてきた。
そのたびに授乳をした。



そして、それは21時すぎになっても続き、
21時20分頃。

突然、2号の体がビクンビクンと大きく跳びはね始めた。

しゃっくりをもっともっと激しくしたような動き。



何がどうなったのかよくわからなかったけど、『痙攣(けいれん)』だということはわかった。


小児科で働いていたわたしは、実際にみたことはないけど『痙攣は子供が死ぬんじゃないかと思うような動きをする』と先生から聞いたことがあった。




携帯の光でかすかに見えた痙攣中の2号の表情。

目を見開き、半分白目で目玉は上を向いたまま。
どこを見てるかわからない。
口は半開きでひたすら体が大きく跳びはね続ける。

息してるのかどうかもわからない。
いくら呼び掛けても反応はなく、体がビクンビクンと定期的に跳びはねるだけ。





1分か、2分か、時間にすると痙攣していたのはそのくらいだと思う。

痙攣がおさまった後もしばらく2号の目は見開いて半白目で黒目は上を向いたまま。



わたしはこわくなって2号を抱いてみずきを呼びに家の中を走り回った。



みずきが2号の顔を見る頃には、2号の目は閉じられていたけど、ずっと苦しそうにうなっている。


「どうしよう…今開いてる病院ある…?」

田舎なので、大きな病院はそんなにない。


「救急車呼んだ方がいいんじゃない?」

みずきが言った。



救急車なんて乗ったこともないし、思い付かなかった。






数分後、救急隊の人が家まできてくれて、わたしは2号を抱っこして救急車に乗り込んだ。


救急車の中で計った2号の体温は39、7。

目を閉じてピクリとも動かない。
寝てるんだか気を失ってるんだかわからない。


救急隊の人が酸素濃度とか調べたりしてたけど、何度もやりなおすから不安になる。




救急車の受け入れ先は、家から車で40分ほど離れた総合病院だった。



抱いたまま救急車を降りようとすると、2号の目がパチっと開いた。


「ママー」

わたしの顔をみて2号がそう言った。


よかった…意識ははっきりしてる。





病院内に入ると、小児科の先生が待っていた。

見習かと思ったくらい若い男の先生。



熱を計りなおすと、家でいれてきた座薬がきいたらしく、37度台まで下がっていた。


いろいろ状況を聞かれ、

「点滴うって、血液検査しますね」

と、2号と部屋を分けられた。




別室まで、泣き叫ぶ2号の声が聞こえる。
「ママー!」って叫ぶ2号の声。

不謹慎だけどわたしはうれしかった。
ぐったりしてるより暴れてくれるほうがずっといい。
暴れる元気があるほうがずっといい。






2号は暴れ過ぎて点滴を抜いたらしい。





血液検査の結果、
かなり高い炎症反応があることがわかった。

RSはウイルスであるため、炎症反応は出ない。

菌感染の証拠。



小児科で多いのは、『肺炎』か『尿道炎』らしい。

レントゲンを撮ったけど、肺炎ではなかった。






まだ検査途中で、原因不明。

炎症がおさまるまで入院らしくて、わたしも付き添い入院。

1週間くらいとか言われた。



出産のときの、テレビ、バストイレ付きの部屋でしか入院したことのないわたしにとって、恐怖!!!

夜中に奇声聞こえるんですけど!?
トイレこわいんですけど?!





2号は起きるたびに「マーマ、マーマ」とうれしそうに何度も呼ぶ。
すごく元気そう。
看護婦さんが来るとあっちいけとばかりに大泣きする。
しゃべりかけられたら「いやっ」って言う。




もう帰ってもいくねぇ?(´;ω;`)



付き添い入院だからわたしのごはんはない。
何にもない。
昨日は携帯の充電きれてた。



朝から旦那がPSPを持ってきてくれた。

「村クエクリアしとけ」

病院で狩りをしろとおっしゃる。





せっかくなのでPSPで曲を聞こう。


↓ブログランキングに参加してます(*'-')ノ

FC2 Blog Ranking

人気blogランキング
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

--よかったですね…--

読み始めはすごいドキドキして心配してましたが、今は落ち着いたみたいで安心しました(汗

早く良くなることを祈っています。

- from ネコメ -

----

タイトル見て「おいおいおい…大丈夫かよ」って思ったけど、 何とか平気そうね。
早く2号が良くなる事を祈ってます。

- from アスプリン -

--こんにちは^^--

2号ちゃん、落ち着いたようで良かったです。
私も子供の熱が上がると痙攣が怖くて、
熱が出るたびにおろおろしてしまいます。

早く2号ちゃんと一緒にお家に帰れるといいですね。
さららさんも体調に気をつけて下さい^^

- from まとい -

--(・Д・)--


管理人のみの閲覧さん

そんなこともやられているのですねー!
わたしの友達がレスキュー関係にいるのですが、話聞くとかなりすごいですねぇ…。
酸素のやつですが、子供につけにくいのは知ってたんです。
小児科でも使っていたので。
でもやっぱり自分の子供だと不安になるものなので、
マメに声をかけていただけると助かりますねー!







ネコメさん

なんかまたぐったりしてきてしまいました(つД`)
退院はまだ先になりそうです…。
実は福井のじーちゃんばーちゃんには心配かけちゃだめだと思って「元気」と言ってあるんですよね…。
どうしよう(;´ρ`)







アスプリンさん

なんかちょっと元気ではなくなってきてしまいました…。
なんの病気なのかもわかりません。
毎日点滴して部屋にいるだけなんです。
明日血液検査するらしいので、明日結果がわかるかもです!







まといさん

元気だったのにだんだん衰弱してきたような気がします(;´ρ`)
よく寝るのはいいことなんですけどね。
しんどすぎて寝れない子もいるらしいので。
下痢が治ればいいなぁ…つらそう。
ごはんを一切ほしがらなくなってしまいました。
点滴と、まだ授乳しているのがいいのか悪いのか…。

- from さらら@病院 -

   非公開コメント  
スポンサーサイト入院中のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

みずき&さらら

Author:みずき&さらら
FF11 in Shiva鯖。

Profile

Profile

コメント

コメントありがとです(*'∇'*)

広告や荒らしと判断した場合は削除させていただきます。
ご了承ください。ヾ(・ε・●)
カウンター


2006.7.31
リアルタル。



カテゴリ
アーカイブ
CopyRight 2006 【とんずら】夫婦ε=ε┏(●´Д`●)┛ゲーム系 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。