FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋愛について3 
2008.11.26.Wed / 15:08 
by さららsarala



ライブドアの方にもここと同じ記事をアップしてます
とんずら夫婦(ライブドア)








ゲーム全く関係ありません。
タルネタでもありません。

恋愛についていろいろ考えてみました。
いや、結婚してるからって浮気とかではなく。
過去とか振り返ってみたり。


超くだらない話ですが、
そういうのがお好きな方だけどうぞ。



いや、ホントにおもしろくないから読まないほうがいいと思います。
読んでからの文句は受け付けません^^^






「恋愛について2」の続きです。
2を先に読んでくださいね(●'∇')σ

↓ ブログランキングに参加してます。
    がんばって更新するのでクリックお願いします!Σd(・ω・´。)

FC2 Blog Ranking

人気blogランキング

たぶん、こういうことについて書くと、
いろんな意見があると思いますが
ここはひとつ、
これはわたし個人の勝手な考え方だということを
ご了承いただきたいのです。


そこのところ、よろしくお願いします。



なんとなく、わたしに対するイメージがかわるかもしれないですが
見る目かえないでください(つД`)

(いや、全然内容は普通なので安心して読んでください。
 危ない内容ではないですw)



この話はノンフィクションです。

メモっていたわけじゃないので言葉が多少違うところはありますが
おおまかな話の筋は本当にあった内容と全く同じです。



では、了承してくださった方だけ、続きをどうぞ。













ユキと合流し、
梅田駅の公園のようなところに座った。



会わなかった間のことなどをいろいろ聞いていると
若い男の子数人が「遊びにいこうよ~」と声をかけてきた。

さっきと同じように適当に断っていたけれど
男の子たちは去る気配もなく、
そのうち
「あのオヤジの金でカラオケいこうぜ~」
「山分けな」

と言いながら気の弱そうなサラリーマンに声をかけた。

「金くれよ」



サラリーマンはおびえながら「警察呼びますよ」と言っていたが
「あっちで話そうぜ」と、地下に連れて行かれた。



わたしとユキは・・・

こわくなって逃げた。






しばらく2人で話をして、

わたしは母が待ってるから帰ると言った。
ユキはもうちょっとブラブラしたら帰ると笑った。


わたしが乗った電車は終電。
もう朝まで電車には乗れない。







家に着いたわたしは
心配になってユキに電話した。



どこかにぎやかなところにユキはいるようだった。


「どこにいるの?」
「ん~・・・梅田」

「誰かといるの?」
「うん~」

「誰といるの?」
「ねー名前は~?・・・アキラだってー!」

知らない男といるのは誰でもわかる。

「すぐ帰って!ついていっちゃダメだよ」

わたしはそう言った。
でも、ユキは男とどこかへ歩いているようだった。



電話が切れて、つながらなくなった。
何度かけてもつながらない。


わたしは泣きながらみずきに電話した。

「どうしよう・・・ユキが知らない男と一緒にいる・・・!」

もう電車がない時間。
でも

「なんとかして行く」
「わたしも連れていって!」
「ダメだ。家にいて」

そう言って電話を切った。












しばらく経って・・・
電話がかかってきた。

みずきがみずきの友達とタクシーでわたしのマンション前にいた。


わたしは母に「ちょっと言ってくる」とだけ言った。
何も説明しなかったけど、母は何も言わずに送り出してくれた。



3人は梅田でタクシーを降りた。

ユキに電話をしてみるとつながった。
場所を聞いてさがしまわる。






ユキはどこかの店の前に座っていた。


ドラマなんかだと間に合うんだろうけど
現実はそう甘くはなかった。





ユキは、遠距離恋愛中だった彼氏と別れて自暴自棄になっていた。









ユキとわたしは結局、学校を辞めた。


夏に養成学校でやっていた舞台の本番がおわり、
わたしは、養成学校にも行かなくなった。



そのままずっと何をするでもなくみずきの家に入り浸り、
寝て、遊んで、ごはん食べにいって・・・ダラダラ過ごした。




あのとき、わたしが帰らずに梅田に残っていれば。
悔やんでも悔やみきれない。









現在のユキは落ち着いたようで。



結婚式の二次会に呼んだけど
仕事が忙しくていけないと言って会うことが出来なかった。



1号を産んでしばらくして、
ユキは1度だけわたしの実家まで会いにきてくれた。

まだ結婚するような彼氏はできないけど
仕事も忙しいし、充実しているようだった。











話はまたもどり、
みずきの家に行って何度目かのこと。


みずきは当時、現在はもうないけどHPを持っていた。



PCをいじっているみずきをじっと見ていると、
HP編集画面にはいるために、パスワードを打っていた。


手元を見ていると、打った文字は・・・
わたし以外の女の名前だった。




わたしは言った。

「今、なんて打った・・・?」
「え?」

みずきはしばらくして気づいたようだった。



わたしも知っている女の名前だった。

一時期、みずきと仲が良く、よく電話もしていた女。
彼氏が出来たけど、ときどきみずきに相談の電話をしてくる女。


わたしはその女がキライだった。





みずきが女の名前をパスワードにしていた理由。
HPを作ったとき(わたしと付き合う前)に、
たまたま仲良かったので特に深い意味もなく女の名前をパスワードにした。

そのままパスワードとして使っていた理由。
パスワードとしてしか認識していなかったので名前を打ってる感覚はなく、
わたしの目の前で女の名前を打ち込んだことにも気づかなかった。

らしい。





わたしはみずきに言った。

「もう電話してくるなってメールして」


本気ではなかった。
メールを打ってくれればそこで止めるつもりだった。


みずきはメールを打った。


そして、送信しようとしたところをわたしは止めた。

「もういい。わかった」



でも、みずきは送信した。



その後、女は泣いた顔文字を残し、連絡してくることはなくなった。










これが付き合って1,2年くらいの話ですね。たぶん。



わたしのイヤな女っぷりがアリアリと見えますNE^^^
自分で書いてて「イヤなヤツ・・・」と思いまs

過去のことなので【許してください。】(つД`)





みなさまの過去とか恋愛観とか
よかったら・・・ですが、管理人のみ閲覧コメントでもいいので
コメントしていただけたらうれしく思います(*'∇'*)


記事をアップしてから思いました。
話が重くてコメントしづらい・・・?ヽ(;´Д`)ノ

一言でも、体験談でも感想でもなんでもいいのでコメントくださいねっ。
反応ないとこっちもどう反応したらいいのやらOrz




次はもうちょっとライトな話を用意したいと思いますm(__)m



↓ ブログランキングに参加してます。
    がんばって更新するのでクリックお願いします!Σd(・ω・´。)

FC2 Blog Ranking

人気blogランキング





みずきのブログ

コメントしてあげると超よろこんで更新します(・∀・)



フレの小説
勝手にイラストを描かせていただいてます。

スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

--凄く長いコメント--

ブログや突モグで拝見する二人とは違う一面で、びっくりしました。
重い内容であるかもしれないけど、共感するところも多々ありました

うちの嫁もわがままでした。試すわけじゃないけど相手が去るようなら
それでおしまい、みたい
なところもありました。待ち合わせの北陸の駅で10時間まったことも(笑)冬なので寒かった

自分のこと書くと、出会ったころは嫁さんには彼氏がいて、俺は彼女に興味なかった。
なぜか電話を調べられ毎晩かけられた。次に彼女はなぜかシャワーを借りにきて、次に会う口実
のためパンツを故意に忘れたりする漫画みたいな展開。
付き合い始めて暫くして元彼が勝手に俺のアパートを調べ、彼女を取り返すため訪問。
うちの嫁は彼を裏切った罪悪感から誰とも付き合わないと言いはじめる
俺と元彼で喫茶店で話し合うことに。
今まで嫁さんにちゃんと好きだと伝えてないと思い、アパートの部屋(二階)から見える駐車場に
雪の上に大きく「好きだ」と書いて「俺の気持ちだ!」とか言ってから元彼と話し合いに行った



こんなことを思いだしました。恥ずかしい思い出です。凄く長い文ですいません。

- from しー -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

----

辛さを知ってる人程、人に優しくなれるし。
ああして、明るく過ごせる事の大切さをしっているのです。
今の二人があるのは、そんな過去があったから。

と、一番年下なのに俺が言ってみる('Д')

まー、言葉だけなら誰にでもイエルケドネー
うへへ(*´Д`*)

- from 新 -

----

連続投稿すいません。
送信した旦那さん、素敵ですね^^
過去といえば前の旦那が私の友達で可愛い子の電話番号を調べて(それも複数;;)連絡してデートに誘っていた事がありました。
そのうちの一人から「あんたの彼氏ヤバいよ;;本気で引くわー;;」と報告を受けたのでやんわりと事の真相を確かめたところ「何?僕を試す様な質問??」などと逆ギレされたものです。
その後机が割れるかと思う程の勢いで殴って「試すとかどの口が言うとんのや!!わざわざ私の知り合いに行くな!!やるなら知らん女いけやああ!!それが礼儀っていうもんちゃうんかい?!」と怒鳴りつけたら借りてきた猫みたいになりました。
今となっては甘酸っぱい思い出です。

- from ケムリン -

--(・◇・)ゞ--

v-22.11.26.Wed/16:49 管理人のみの閲覧さん

今回も発作ですか!(●´Д`●)
続きが気になります。
ぜひ、次回は最後まで発作を起こして帰ってくだs
あふれる才能って・・・才能があったらレッスン続けてたのではないかと(つД`)
続けておけばよかったと思ったことはありませんけど
いろんなことを経験できたので、やってよかったと思います!







v-22.11.26.Wed/20:18 管理人のみの閲覧さん

旦那は女友達と2人で遊びにいったこととかはないと思いますけど
他の女友達なら特になにも思わなかったのに、
パスワードの女の子だけはいろいろとあってどうしても
いい気分がしなくて・・・(;´ρ`)
やっぱり自分だけ見てほしいという気持ちはありますよねー!
わたしも「友達は友達」と割り切る方なので、
旦那がいるときに男友達が家に泊まるのはしょっちゅうでしたけど
旦那は特に心配してもいないようですし
わたしもですけど、相手によるんでしょうねぇ。
過去になんかあった相手とか、ちょっと意識した相手とか
そういう人だと心配になっちゃいます。
って何を言ってるかわからなくなってしまいましたヽ(;´Д`)ノ すいません。
でも、そういうの言うと「友達なのに何が悪いんだよ」って逆切れするような人もいますし
あなたの彼氏さんはすごくいい人で、愛されてるってことがよくわかりますよ~(●´Д`●)







v-22しーさん

おおお・・・そんなエピソードがあったんですかー!
パンツを忘れる・・・すごいなー(|| ゚Д゚)
北陸の駅で10時間・・・それは寒いですね!(((( ;゚д゚)))
しーさんはいい人だー(つД`)愛してらっしゃるのですね~!
うちの旦那は、夜行列車できて、わたしが会いにいける朝になるまで
大阪駅で5時間くらい待たせることはしょっちゅうでした。
治安も悪いし心配は心配だったですが。
元彼さんとは2人で話し合ったんですか?
殴り合いとかにならなかったでしょうか(´;ω;`)
いろいろあったからこそ、奥様との絆も深いと思います。
これからもラヴラヴで!!(●´Д`●)







v-2211.28.Fri/08:29 管理人のみの閲覧さん

確かに、結婚してドキドキ感はなくなりましたねぇ。
子供もいるしそれどころではないのですがw
でも、最近そういうのもちょっと意識してみるようにしてます。
ホントに空気みたいになくてはならない存在なのですが、
子供のことで精一杯で冷たい態度をとることが多くなっていたので、
手が空いたら自分からちょっと甘えてみることにしました。
2号も夜は寝てくれるようになってきたし、
2人で協力して、子供寝かせて、自分たちの時間を作ろうと。
まぁ・・・2人してゲームで遊ぶわけなんですけd
自分がおもしろいと思うものを一緒に出来るのがうれしいですねー。
それは別に2人じゃなくてみんな一緒の方が楽しいので
恋愛感情とはまた別の話なんだとは思いますが(;・∀・)
わたしもみずきと結婚してよかったなぁと思います!
大きなケンカしたことはありますけど、全部わたしが悪いと思うので
わたしからふっかけなければ平和だなぁ~・・・w
非公開コメントなので、どこまで書いていいかわかりませんが
家族のお話を楽しみにしてますねー!(*'∇'*)







v-22新さん

わたしは自分がそんなに辛いことを知ってるわけではないですが
そう言っていただけるとありがたいです。
過去のことは確かに今の2人にとっては必要なことだったと思うし、
何事も経験だなぁと思います。
ただ、やっぱり子供には辛い思いをしてほしくないので
わたしは絶対口うるさい親になっちゃうんだろうなぁと
今から心配してたり・・・(;´ρ`)






v-22ケムリンさん

連投全然OKです。
同じ文章の連投の場合は削除させていただくことになりますが。
友達をデートに誘われるのはイヤですねぇ・・・(|| ゚Д゚)
教えてくれたケムリンさんのお友達さんはいい人だ~。
わたしならズバリ直球で聞いて、そのまま別れますね(;・∀・)
駆け引きとかは苦手ですっ。
言いたいことははっきりいうのがいいですね!
ケムリンさん、アッパレー♪
そこをさらに逆切れしてくるような彼氏じゃなくてよかった。

- from さらら -

--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- from  -

--(・◇・)ゞ--

v-2212.01.Mon/19:08 管理人のみの閲覧さん

確かに過去があるから今があるんですよねぇ。
過去に辛いことがなければいろいろ今もかわってきますよね。
亡くなった彼女からの手紙ですか・・・
絶対泣きますね、それ。
話きいてるだけで涙が出そうです。
というかすでにウルウルしてます。
すごく前向きな彼女さんですね。
いろんな人に好かれそうな。
そんな彼女だからこそ、やっぱりあなたが悲しむと悲しむんだろうなーっと
彼女を全く知らないわたしが思ってみたり。
過去も捨てず、未来も捨てず、今を一生懸命生きてください!
FFをはじめたのにはそんな理由があったんですね~・・・。
ホントに人それぞれいろんな過去があるんだと改めて思いました。
わたしの過去なんぞお子ちゃまの戯言ばっかりでお恥ずかしいのですが
読んでくださってありがとうございました。

- from さらら -

   非公開コメント  
スポンサーサイト恋愛について3のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

みずき&さらら

Author:みずき&さらら
FF11 in Shiva鯖。

Profile

Profile

コメント

コメントありがとです(*'∇'*)

広告や荒らしと判断した場合は削除させていただきます。
ご了承ください。ヾ(・ε・●)
カウンター


2006.7.31
リアルタル。



カテゴリ
アーカイブ
CopyRight 2006 【とんずら】夫婦ε=ε┏(●´Д`●)┛ゲーム系 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。